一部の男性にとって、1日に2杯飲むのは多すぎますか?

アルコールビール

10代後半にアルコールを摂取した男性は、肝疾患のリスクが高くなる可能性があります。



新しい 調査 に登場 Journal of Hepatology 肝疾患のリスクがある男性への新しい洞察を提供します。研究によると、10代後半にアルコールを摂取した男性は肝硬変を発症するリスクが高いようです。

米国では、 疾病管理予防センター (CDC)は、男性が1日に2杯以下のアルコール飲料を飲むことを提案しています。



参考:飲み物とは、0.6オンスの純粋なアルコールを含む飲み物と定義されています。一例として、平均12オンスのビール缶には約0.5%のアルコールが含まれています。テーブルワイン1杯には約12%のアルコールが含まれています。



この研究は、スウェーデンのストックホルムにある肝臓学部門の消化器疾患センターによって実施されました。

主任研究者のHannesHagströmは、「私たちの研究では、10代後半にどれだけ飲むかによって、後年に肝硬変(肝疾患の一種)を発症するリスクを予測できることが示されました」と述べています。

調査はどのように行われましたか?

この研究では、1969年から1970年の間に実施されたスウェーデンの全国人口調査から、18〜29歳の49,000人以上の男性からデータを収集しました。



ほぼ40年の間に、研究者は全国患者登録と死因登録を通じて男性の死因を追跡しました。

調査結果は、383人の男性が以下の健康状態の何らかの形を発症したことを明らかにしました:

  • 非代償性肝疾患
  • 肝硬変
  • 肝不全

ガイドラインを再検討する時が来ましたか?

BeCocabaretGourmetは、調査結果について2人の専門家と話しました。



ジャレッド・ヒースマン 、ヒューストンを拠点とする精神科医は、次のように述べています。「CDCガイドラインでは、1日あたり最大2杯の飲み物を推奨していますが、重要なポイントは、CDCがアルコールの最小使用量を指定していないことです。理想的には、アルコールは実際の健康上の利点がないため、決して消費されるべきではありません。 CDCはおそらく、すべてのアルコールの禁止を推奨することで公衆衛生上の利益がほとんどないことを認識しています。そのような推奨に従う男性はほとんどいないからです。」と彼は言いました。

「男性はCDCがアメリカ人の男性と接触していないと認識し、無視しました。代わりに、CDCは、ほとんどの男性が合理的であると見なすであろう推奨を提供します。論理的で達成可能であると認識されている推奨事項は、心理的な観点から従う可能性が高くなります。健康の観点から禁酒をお勧めします」と彼は付け加えました。

シカゴを拠点とする麻薬およびアルコールのカウンセラー フランク・ムーア 調査結果について次の観察を行いました。

さそり座とおうし座は良い一致です

「調査が正確であり、そうでないと考える理由がない場合は、[アルコール消費に関する]現在のガイドラインを再検討する必要があるかもしれません。ここ米国だけでなく、世界中で。」

アルコールを実験する若い男性にカウンセリングを提供するムーアはまた、研究が強力な予防ツールであることが証明されるかもしれないと言いました。

「さらにいくつかの研究を見たいのですが、これは、アルコール乱用と健康上のリスクについて10代の若者と共有するための具体的な何かを必要とする麻薬とアルコールのカウンセラーにとって役立つ情報かもしれないと思います」とムーアは言いました。

現在のCDCの推定では、約390万人のアメリカ人が何らかの形の肝疾患を患っています。